MENU

RPGツクールMVでキャラクターを動かすイベントを作ろう!

  • 怒りに任せて敵に飛びかかる仲間
  • 絶望を感じるヒロインにそっと寄り添う主人公
  • 敗北して逃げる敵

 

キャラが実際に動くような演出を
入れることができるのが
小説やマンガとは異なるゲーム演出の
強みの一つだと思います。

 

RPGツクールMVでは、
マップ上にいるキャラや主人公を
イベントコマンドで手軽に動かせます。

 

このページでは、イベントコマンドを使って
主人公やモブ(NPC)を動かしていく
方法をご紹介していきます。

 

広告

 

イベントコマンドでキャラクターを動かす方法

1. 移動処理を入れたいイベントのエディターを起動し、実行内容をクリックします
初期パーティの設定方法

 

2. イベントコマンドの「移動」項目になる「移動ルートの設定」を押します
イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

3. 左上にある「プレイヤー」という部分をクリックし、動かしたいキャラを選びます
イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

4. イメージしている動きに合わせて、右側の各種動きが書かれているボタンをクリックしていきます
初期パーティの設定方法

 

5. 動きの入力内容を確認します
イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法
▲ 手順4で入力した内容が左側に反映されているはずです

 

6. OKを押して確定させます
イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

以上の設定で、このイベント処理を
設定したタイミングにイベントが来ると、
手順3にて設定したキャラクターが
手順5で確認した動きをしてくれます。

 

同じマップの離れたイベント(キャラ)を動かす方法

「移動ルートの設定」コマンドは
プレイヤーキャラクターや設定しているイベント以外にも、
同じマップにいる他のイベントも動かすことができます。

 

初期パーティの設定方法

 

移動ルートの設定ウィンドウの左上の項目から
プルダウンで動かすキャラクターを設定できるのですが。

 

イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

この動かすキャラクター選択項目は
同じマップにいるイベントの「名前」が
自動的に反映されます。

 

初期パーティの設定方法

 

ですので、動かしたいイベントと同じ名前を
選ぶことで、そのキャラを動かすことができます。

 

進行不能バグにご用心! 移動ルートのオプション設定

RPGツクールMVでキャラクターを動かす
イベントコマンド「移動ルートの設定」には
3つのオプションも用意されています。

 

イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

「動作を繰り返す」にチェックを入れると、
設定した動きを終えるとまた冒頭から動きを
行ってくれます。

 

例えば、「上に移動」「下に移動」「左に移動」と
入れていた場合は、

 

「上」「下」「左」「上」「下」「左」「上」「下」「左」
と左に移動した後に冒頭の上移動に戻って
繰り返し同じ動きをしてくれます。

 

「移動できない場合は飛ばす」は
設定した動きができない場合は、その
処理を飛ばして次の処理を開始してくれます。

 

「上に移動」「下に移動」「左に移動」を設定してた時、
上が壁でキャラクターが侵入できないマップだったとします。

 

すると、「上に移動」はせずに処理を飛ばし、
「下」「左」と動いてくれます。

 

「完了までウェイト」は設定した動きの動作が
終わるまで、イベントの処理やプレイヤー移動が
止まります。完全に設定した動きが終わってから
プレイヤーの移動やイベントの次処理をはじめて
ほしい時に活用しましょう。

 

イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

状況に応じて適切なオプションの選択が
必要になりますが、「完了までウェイト」にチェックを
入れたときは注意が必要なこともあります。

 

例えば「移動できない場合は飛ばす」にしておらず、
移動が壁などによってできない場合は、
ずっと移動しようとする処理が続いてしまい、
処理が完了せずに操作ができなくなってしまう。

 

進行不能バグに繋がることがあります。
移動ルートの設定を使い、「完了までウェイト」を
使っている場合は、正しく動くか必ず確認しましょう。

 

侵入できないエリアにキャラを動かす場合は?

壁や海など、侵入できないエリア(タイル)へは
移動コマンドを入れただけでは移動してくれません。

 

イベントで主人公やモブ(NPC)を動かす方法

 

従来そのキャラが侵入できない場所へ
キャラを移動させたい場合は「すり抜けON」と
「すり抜けOFF」を活用していきます。

 

「すり抜け」をONにすると、キャラの侵入可否に
関わらず、どこでも移動できるようになります。

 

例えば、上記画像の場合は冒頭で
「すり抜け」をONにしたので、
上移動は壁だろうが海だろうが
どこでも歩けるようになります。

 

ただし、「すり抜け」をONにした後は
必ず「すり抜け」をOFFにして下さい。

 

OFFにしないと、すり抜け設定が
残ったままになリ、移動処理が終わっても
どこでも歩けるようになってしまいます。

 

キャラを移動させるイベント処理は「移動ルートの設定」を使う。
オプションの「完了までウェイト」を使う場合は進行不能バグに注意!

関連ページ

ツクールMVで会話やナレーションを作る方法
RPGの魅力の一つはストーリー。ストーリーを展開するために会話やナレーションは必要不可欠です。会話やナレーションを作る方法をご紹介します。
RPGツクールMVで戦闘イベントを作る方法
ボス戦やイベント戦闘など、RPGにおいて熱い展開をもたらしてくれるのが「強制戦闘」ですよね。RPGツクールMVを使って戦闘を発生させるイベントの作り方をご紹介します。
徐々に画面が暗くなるイベントを作りたい
多くのゲームではいきなり場面が変わることはなく、徐々に暗くなって一度暗転し、場面が切り替わります。また、気持ちの表現を画面で表すために画面を暗くすることもあります。ツクールMVでこの暗くする表現方法をご紹介していきます。
画像を徐々に表示・ゆっくり消したい(画像のフェードイン・フェードアウト)
ツクールMVではピクチャの表示を使うことで一枚絵などの表示ができますが、瞬時に表示されてしまいます。ここでは、徐々にゆっくり表示・非表示する方法をご紹介していきます。
ツクールMVで主人公(アクター)の名前を変えるイベントを作る
主人公や仲間パーティの名前変更ができるゲームもRPGツクールMVでは制作できます。ここでは名前変更の方法と変更する機能を搭載した時に役立つ情報をご紹介していきます。

広告

このページの先頭へ